介護老人保健施設明寿苑

ご利用者さまの声interview

ご利用者様写真真正面

ここでは、明寿苑を利用されている方にご協力をいただき、インタビューをさせていただいた内容を載せています。
明寿苑の施設に入所されています立藤さまです。
どうぞよろしくお願いします。

  • お名前:立藤さま(88歳・女性)
  • ご利用期間:1年
  • ご利用サービス:施設入所


それでは明寿苑のご利用のきっかけを教えてください。
ご利用者様写真斜め横

- 家で転んで入院していたのですが、退院後家に戻って一人暮らしをするのも不安だったので、入所できる施設を探していて、それでこちらにお世話になりました。関節リウマチがあるのですが、時々家に戻りたいので、歩く練習だけでなく杖を使ったリハビリも頑張っています。

立藤さまは明寿苑でリハビリを頑張りながら、カラオケのレクリエーションや折り紙などの手芸もご自身で作成されております。
こちらの作品は全て立藤さまが作られたものです。
利用者様作品1つめ
利用者様作品2つめ


折り紙の手芸はいつから始められたのですか?
手芸を楽しむ利用者さま

- 昭和50年に入院した時に教えてもらったのでそれからずっとやっています。折り紙を作るのに時間が掛かりますが、作り出したらすぐできますよ。時間さえあればしょっちゅう作っています。明寿苑に来てからはとても楽しいです。



明寿苑のどういったところが気に入っていますか?
カラオケをするご利用者様

- 職員のみなさんが愉快な人たちばかりだし、新しい友人もここでできました。ご飯も美味しくて量や味付けがちょうど良いです。週2回のリハビリも頑張っていますがじっとしているのが嫌いなので毎日が充実しています。これ(メドマー)をしたあとは足が軽くなるので良いですよ。

立藤さまはずっと笑顔でお話しされてました。途中で明寿苑で出会ったという友人(別の入所者の方)も来られて楽しそうに歓談しておりました。週に2回のカラオケではとても歌がお上手で、初めは歌の上手い職員が歌っているのかと思うほど。インスタへの投稿も許可をいただきましたので、そちらに動画も投稿しています。


立藤さま、今日はお忙しい中インタビューありがとうございました。
ご利用者様写真

ここでは、明寿苑を利用されている方にご協力をいただき、インタビューをさせていただいた内容を載せています。
記念すべき第一回は、明寿苑の通所リハビリテーションに通われている三明さまです。
どうぞよろしくお願いします。

  • お名前:三明さま(87歳・女性)
  • ご利用期間:2年4か月
  • ご利用サービス:通所リハビリテーション


まずはじめに、通い始めた時期と、きっかけを教えてください。
マッサージを受けるご利用者様

- 以前通ってたデイサービスが閉まることになって、娘から家の近くあるところに行ってみようと言われて見学をしに行ったのが最初です。静かでゆっくり出来そうと思い、すぐ明寿苑に決めました。利用の時の書類も私が書いたのですよ。

そうなんですね、ありがとうございます。
三明さまは現在週に3回通われていますが、ご利用の感想をお聞かせください。

- はじめは週2回だったと思うのですが、今では週3回にしてもらっています。面倒くさがりなので火水金と続けてくるようにしています。ここでは理学療法士の先生がリハビリを行ってくれるので良いですよ。器械での脚のマッサージ(低周波治療器)も気持ちよく、してもらった後は脚が動きやすくリハビリも頑張れます。お昼ご飯もあまり濃い味付けでは無いので気に入っています。たまにお肉がメニューに出ると嬉しいですね。来た時は必ずメニューをチェックします。ラーメンの時はうどんやご飯に変えてもらったりもしていますよ。



いつも明寿苑ではどの様に過ごされているのですか?
PTとご利用者様

- 9時ごろ家に迎えに来てもらって明寿苑に行きます。明寿苑に着いてからは、午前中は主にリハビリをしてもらっています。他にも歌や体操など、他の人とおしゃべりをするのも楽しいです。そしてお昼ご飯を食べた後、午後の時間は折り紙を折る事が多いです。折り紙に飽きたら明寿苑で使ってもらうチリ箱を作っています。広告よりも無料雑誌の方が紙の質が良いのでそちらを使っています。今日はお菓子があったので、コーヒーを飲みながら折り紙で花を作っていますよ。



すごいですね!このお花お一人で作られているのですか?大変難しそうに思えますがいつから折り紙を始めたのですか?
ご利用者様の作品

- 以前通っていたデイサービスで折り紙を教えてもらいました。はじめは苦手でしたがそのうち家でも作るようになって、今では折り紙が得意になっています。途中飽きる事もあるので、職員の方に手伝ってもらいながら作っています。今作っているお花は真ん中の黄色の部分を作るのに苦労をしています。今年中にはいくつか完成させたいと思っています。

三明さまは、終始笑顔で楽しそうにインタビューに答えていただきました。人と話をするのがお好きだという事で、こちらも楽しくお話をさせていただきました。しかしそんな中、一旦折り紙を始めると、回りの声も聞こえないほど真剣に折り紙に没頭されていました。このくすだまは、まだ始めたばかりの様子で入苑者の数だけ作るという目標があるそうなので、今後応援していきたいと思います。
三明さま、今日はお忙しい中インタビューありがとうございました。
Lorem, ipsum dolor sit amet consectetur adipisicing elit. Suscipit rem accusamus officia quia eos ducimus consequuntur! Impedit aliquid vero suscipit.