介護老人保健施設とは | 介護老人保健施設明寿苑 (福岡県 田川市 介護施設)

介護老人保健施設とは

理念と役割、職員や通所サービスについて。

介護老人保健施設とは

介護保険を使って入所する所です

「介護老人保健施設」の様な所を介護保健施設といい、介護保険を使い入所する事ができますが、介護認定で介護1以上が必要です。
老健には医師が常勤しており、リハビリが充実しているのが特徴で医療行為も行える為、当施設では終末期のターミナルケアも行っています。また、施設ケアマネや管理栄養士も常勤しており、利用者様ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを多職種協同で行えるのも特徴です。
介護老人保健施設で常勤している職種
法律で人員基準が定められており、入所者100人定員では以下のようになります。
医師(常勤) 1人
看護師 9人
介護職員 25人
理学療法士、作業療法士または言語聴覚士 1人
介護支援専門員 1人
支援相談員 1人
栄養士 1人

通所リハビリテーション(デイケア)

リハビリを含めた通所サービスを行います。

通所リハビリテーション(通称:デイケア)は、病院や老健などで行われており、医師の指示の元で理学療法士(PT)や作業療法士(OT)などが利用者様にリハビリを含めた通所サービスを提供します。
通所介護(デイサービス)と異なり、「医師の指示」で「リハビリ」を行うのが特徴です。その中でも老健施設は、通所リハビリを行ったり、ショートステイで個別リハビリを提供して集中的にリハビリを行うことができ、医療機関からの受け皿として注目を集めています。